ログイン | English | ヘルプ

簡易版EBSCO Discovery Service が利用できます

簡易版EBSCO Discovery Service が利用できます

このたび図書館では、学術情報検索のGoogle = EBSCO Discovery Service(EDS)の機能改修を行い、検索対象のリソースを絞り込んだ2種類の簡易版EDSをリリースすることとなりました。

EDSは、海に投網を投げるがごとく任意のキーワードでたくさんの有用な情報を引っ張ってくることができる便利なシステムですが、あまりに多くの魚が捕れすぎて本当に食べたいものを見つけにくいという欠点もありました。リソースを厳選することによって必要な情報がこれまでより探しやすくなりました。

利用するには上記リンクをクリックしていただくか、図書館ホームページの上段【詳細検索】の表中の「論文検索(EDS)」 > 「絞り込んで検索: [日本語リソース版EDS] [教育学リソース版EDS] のところにもリンクしていますので、そちらからもご利用いただけます。
簡易版EDS

なお、今回のリリースは、大阪教育大学・京都教育大学・本学の三教育大学による連携の下、EDSのベンダーであるEBSCO社の全面協力を得て実現したものです。ぜひともご活用ください!